更年期 漢方 副作用

更年期によい漢方薬はどんなもの?副作用は大丈夫?

更年期にいい漢方薬で副作用の心配のないものとは

 

めまいやほてり、イライラなど更年期になるとさまざまな症状が出てきてしまいます。仕方がないこととはわかっていても、日常生活に支障をきたしてしまうのでなんとか緩和させたいですよね。

 

更年期の症状を元から改善させるよい漢方薬にはどんなものがあるのでしょうか?副作用についてもご説明します。

 

更年期におすすめの漢方は?

漢方が処方される東洋医学の考え方では、不調の原因は「血(けつ)」が原因だと考えられています。

 

例えば、頭痛や冷えは、血流が滞ってしまう「お血(おけつ)」
ほてりやホットフラッシュ、動悸は、イライラは気の流れに異常がある「気逆(きぎゃく)」
めまいや不眠は血が不足する「血虚(けっきょ)」

 

症状によって血の不調は異なると考えられているんですね。ですから、おすすめの漢方ももちろん異なります。

 

お血の人におすすめなのは「当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)」「八味地黄丸(はちみじおうがん)」。冷えやめまいに効果的です。生理痛がひどい人にも処方されることがあります。

 

気逆の人におすすめなのは「加味逍遙散(かみしょうようさん)」「瀉火補腎丸(しゃかほじんがん)」。のぼせやホットフラッシュに効果があります。イライラや落ち込みが激しい人には「抑肝散半夏陳皮(よくかんさんはんげちんぴ)」がおすすめです。

 

血虚の人におすすめなのも「当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)」。冷えだけでなくめまいにもいいんです。「加味逍遙散(かみしょうようさん)」「五苓散(ごれいさん)」もおすすめです。

 

ただし、漢方は市販のものを購入するよりも、お医者さんに処方してもらったり、漢方薬局で処方してもらった方がより効果的です。

 

間違えて自分の体質に合わないものを選んでしまうと逆効果ですので気を付けてくださいね。

 

漢方にも副作用がある!

漢方薬にも副作用はある

 

漢方は市販薬に比べて副作用が少ないです。ですから長期間摂取して体質改善に役立つんですね。ですが、全く副作用がないという訳ではありません。

 

自分の体質に合わないものを選んでしまうと副作用が起こる場合があります。また、体質は変わっていきますので突然合わなくなることもあります。

 

そして、他の薬との兼ね合いで一定の成分を摂りすぎてしまうと副作用が出ることもあります。

 

そういった意味でもきちんと処方されたものを選んだほうが安心なんですよ。

 

サプリメントなら副作用の心配なし!

漢方薬はよさそうだけれど、処方してもらうのはめんどくさい、近くに漢方薬局がないという人もいると思います。

 

その場合はサプリメントもおすすめです。サプリメントは薬ではありませんので副作用はありません。過剰摂取などをしなければ不調が出ることもないでしょう。ただし、常備薬やアレルギーがある人はお医者さんに相談してから摂取したほうが安心です。

 

 

そして、漢方の場合は症状別に選びますがサプリメントの場合は違います。症状が1つだけなら選びやすいですが、たとえばイライラとめまい、などいくつかの症状が出ている場合どれを選んだらよいのか迷ってしまいますよね。

 

サプリメントは、更年期の症状の根本的な原因であるホルモンバランスを整えてくれるものが多いです。ですからさまざまな症状に効果があるんですよ!

 

ホルモンバランスを整える、女性ホルモンに似た働きをする成分はいくつかありますが、おすすめはローヤルゼリーです。

 

ローヤルゼリーのデセン酸という成分が、女性ホルモンに似た働きをしてくれます。また、ビタミン、ミネラル、アミノ酸といった必要だけれど不足しがちな栄養素が豊富に含まれているので栄養補給につながるんです。

 

アンチエイジングや生活習慣病の予防にもなるんですよ!

 

まとめ

更年期の症状を漢方で緩和させるには症状別に選ばなくてはいけません。自分に合わないものを選んでしまうと逆効果ということもありますのでお医者さんか漢方薬局で処方してもらうのが一番です。

 

サプリメントでしたら、女性ホルモンのバランスを整えるものがあるのでどの症状にも効果的です。また、副作用もないので安心ですよ!

 

ローヤルゼリーのサプリならこちらで一覧比較されています。おすすめや口コミでのランキングもまとめられているので参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

ローヤルゼリーサプリの比較ランキング一覧表

 

更年期には、ほてりやめまい、イライラなどさまざまなトラブルが起こりますよね。仕方のないことだとわかっていても辛いです。更年期の症状を緩和させるには漢方薬も効果的です。東洋医学では「血(けつ)」の不調が元でさまざまな症状が出ると考えられています。それぞれの症状によって血の異常状態が異なるので症状に合った漢方薬を選ぶことが大切です。漢方薬は市販薬に比べて副作用が少ないので長期間使用することができます。ですが、症状に合っていなかったり、他の薬との兼ね合いで特定の成分を摂りすぎて副作用が出てしまう場合もあります。自分に合ったものを選ばなくてはいけません。漢方薬には市販のものもありますが、病院で自分に合った症状のものを処方してもらう方が安心ですね。更年期でよく処方される漢方薬にも何種類かあります。のぼせやホットフラッシュに効果的な、「加味逍遙散(かみしょうようさん)」。冷えやめまいに効果的な「当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)」。イライラや落ち込みが激しい人には「抑肝散半夏陳皮(よくかんさんはんげちんぴ)」を処方されることが多いです。ですが、いくつかの症状が起こっている場合はどれにしたらよいのか迷ってしまいますよね。また、やっぱり副作用が心配という人はサプリメントもおすすめです。サプリメントは、更年期の根本的な原因である「女性ホルモンの減少」を解決するものが多いですので複数の症状にも効果があります。薬ではないので効果には個人差があると思いますが、漢方薬よりもより安全に長期間摂取することも可能ですよ。

 

参考リンク:ローヤルゼリーサプリメント徹底比較ランキング